aa 近年増加傾向中のWEB試験

近年、増加傾向中のWEB試験。最近では各種資格試験だけではなく、新卒採用、会社内テストなどにWEB試験が実施されることも多いといった現状です。 WEB試験にも時間制限があり、なかには設問自体にも制限時間がある問題もあったりして、 一言にWEB試験といっても、様々な形態が存在しています。また、不正防止のために、WEB試験と、普通の筆記試験を合わせたテスト形態もあります。 例えば、新卒採用に関してですが、1次選考にWEB試験を課します。自宅で出来るWEB試験なら専門書を見たり、替え玉試験といった不正行為が出来ます。 なので、1次でWEB試験を課した会社は多くは、2次または3次で筆記試験をします。 難易度はWEB試験と大体、同じくらいの内容にして、その人の成績を比較します。

 

そのように嘘、虚偽はなかったのかを判断する材料にもなったりするので、近年のWEB試験は一概にテストをするとった側面だけではなく、 違ったアプローチがあるのも傾向です。また、在宅、会場などいろいろ出来るのも、この試験の特徴といって良いと思います。 また、在宅なら時間にある程度、制約されず幅広い人材に受けてもらえるというメリットがあるのは確かです。


ページTOPへ